プロレスサミット in ARIAKE



▽第1試合=IWA世界ジュニア・ヘビー級王座決定戦30分1本勝負
◎高杉正彦(バックドロップ→片エビ固め、8分12秒)河童小僧
<退場順>グラン浜田、田島久丸、南野武、趙雲子龍※高杉が第6代王者となる。
▽第2試合=エクストリーム選手権3WAYマッチ30分1本勝負
荒谷望誉
(全日本プロレス)
VS マッスル坂井
(大阪プロレス)
VS アブドーラ・小林
(大日本プロレス)
◎荒谷望誉(荒谷のリング設営に感動→戦意喪失、9分40秒)マッスル坂井&アブドーラ・小林 ※荒谷が第4代王者となる。
▽第3試合=東北タッグ選手権&大阪プロレスタッグ選手権
ラッセ(エルドラド)
KAGETORA(みちのくプロレス)
VS 秀吉(大阪プロレス)
政宗(大阪プロレス)
◎KAGETORA(一騎当千→片エビ固め、15分37秒)政宗
※ラッセ組が東北タッグ王座初防衛に成功。ならびに第17代大阪プロレスタッグ王者となる。
▽第4試合=インディペンデント・ワールド世界ジュニア・ヘビー級王座決定戦
30分1本勝負
飯伏幸太/strong>(DDT)
VS 円華(KAIENTAI-DOJO)
◎飯伏幸太(フェニックス・スプラッシュ→片エビ固め、15分40秒)円華
※飯伏が第15代王者となる。
▽第5試合=UWA世界6人タッグ選手権30分1本勝負
菅原拓也
バラモンシュウ
バラモンケイ
(エルドラド)
VS 火野裕士
大石真翔
旭志織
(KAIENTAI-DOJO)
◎菅原(十三不塔→片エビ固め、11分19秒)大石
※菅原組が初防衛に成功。
▽第6試合=BJW認定タッグ選手権30分1本勝負
関本大介(大日本プロレス)
佐々木義人(ZERO1-MAX)
VS 真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
HARASHIMA(DDT)
◎(時間切れ引分け)
※関本組が4度目の防衛に成功。
▽第7試合=BJW認定デスマッチ・ヘビー級選手権30分1本勝負
“黒天使”沼澤邪鬼(大日本プロレス)
VS 佐々木貴(アパッチプロレス軍)
◎沼澤(狂神太平→片エビ固め、19分50秒)佐々木
※沼澤が第21代王者となる。
▲ページトップへ

か・か・カッパ?!

二人の目線の先には…!?

静かにバチバチ燃えてます!

遂に、メインが!…これは、熱い!!
▲ページトップへ
マッスル坂井(DDT)

二次利用しやすいように(…?)試合をする様、心がけます。
関本大介(大日本プロレス)

本当に気持ちのある奴だけ挑戦してきて欲しい!
円華(KAIENTAI-DOJO)

飯伏選手と熱い試合を見せます!
飯伏幸太(DDT)

円華選手との試合だから、絶対良い試合になります。
佐々木貴(アパッチプロレス軍)

プロレスというジャンルを象徴した様な試合をし、ベルトを守る!
TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO)

飯伏の熱意には負けたけど、やるからには凄い試合を見せて欲しい!
▲ページトップへ

エクストリーム選手権-王者マッスル坂井(DDT)、3P or 4Pを希望?!

粘りに粘った飯伏。遂にインディペンデントワールド世界ジュニア・ヘビー級王者決定戦が決定!

「やる気のある奴のみ来て欲しい」関本

「約束は守った。だから…」

おまけ
▲ページトップへ

プロレスサミット in ARIAKEが遂に決定!
 全試合タイトルマッチの“王者の祭典”が実現する! 7月21日、プロレスサミット実行委員会が都内で記者会見を行ない、8月26日(日)に開催される『プロレスサミット in ARIAKE』の大会概要を発表した。8・26有明大会は参加団体が保有する選手権だけを行なう特別イベントとなることが決定。発表になった5試合に関しては、東北タッグ&大阪プロレスタッグのダブル選手権を除き、大会までに各団体で選手権が行なわれる兼ね合いから、その結果を受けて対戦カードが発表される形になる。記者会見には大会マッチメーカーのTAKAみちのく、BJWデスマッチヘビー級王者の佐々木貴、東北タッグ王者のラッセが出席し、各々の立場から大会への抱負を口にしている。また、記者会見にはDDTの飯伏幸太が姿を見せ、TAKAにインディペンデントワールド世界ジュニア王座の復活を直訴する動きも見られた。王者たちの意地とプライドを懸けた闘い――それが8・26有明大会の基本コンセプトとなる。

会見終了後に突如乱入してきた飯伏。

TAKAみちのく、佐々木貴が語るプロレスサミット
▲ページトップへ