プロレスサミット in KORAKUEN



『プロレスサミット in KORAKUEN』とは?
2005年12月9日に火蓋を切って開催されたインディー・サミットを第2回をもってマッチメイクTAKAみちのく自らが封印。理由は「プロレスにメジャーもインディーもない」その宣言通り『若武者〜プロレスサミットへの道〜』を経て、ついに2007年7月27日『プロレスサミットinOsaka』を開催!
さまざまな団体が一同に会して全試合タイトルマッチを行うプロレスサミット。前回大会『プロレスサミットinARIAKE』では総勢30選手もの選手が出場。今大会『プロレスサミットinKOURAKUEN』でもインディーサミットでの参加団体を含め、多くの団体・選手に参加を呼びかけています。
その他、会場では試合だけでなくイベント盛り沢山!!
ここでしか実現できない顔合わせと若さ・パワー。その待望の新着情報をプレイヤーズでいち早くお届けします!お見逃しなく!!
プロレスサミット IN KORAKUEN
2007年12月31日 東京・後楽園ホール
観衆=2008人(超満員札止め)
▽第1試合=若手対決 6人タッグ30分1本勝負
スパーク青木(エルドラド)
佐藤悠己(フリー)
日向寺塁(みちのくプロレス)
VS 矢野啓太(バトラーツ)
小部卓真(IWA JAPAN)
大橋篤(大日本プロレス)
◎佐藤(ジャーマン・スープレックス・ホールド、11分20秒)大橋
▽第2試合=芸タッグランブル時間無制限勝負
<入場順>
@MEN'Sテイオー(大日本プロレス)&男色ディーノ(DDT)
A維新力(どすこいプロレス)&松田慶三(IWA JAPAN)
B大石真翔(KAIENTAI-DOJO)&忍(大日本プロレス)
CNOSAWA論外&MAZADA(東京愚連隊)
D荒谷望誉&平井伸和(全日本プロレス)
Eバラモンシュウ&バラモンケイ(エルドラド)
Fグレート小鹿(大日本プロレス)&若松市政(フリー)
↓ ↓ ↓
<退場順>
@NOSAWA(オーバー・ザ・トップロープ、5分46秒)荒谷
Aディーノ(オーバー・ザ・トップロープ、11分40秒)MAZADA
Bディーノ(オーバー・ザ・トップロープ、13分35秒)松田
C大石&忍が場外へ飛び失格(オーバー・ザ・トップロープ、14分16秒)
Dバラモンシュウ(首固め、16分50秒)ディーノ
E小鹿組(オーバー・ザ・トップロープ、18分10秒)バラモン兄弟
▽第3試合=チャレンジマッチ 30分1本勝負
鈴木みのる(パンクラスMISSION)
VS 原田大輔(大阪プロレス)
◎鈴木(ダブルリスト式アームロック、11分14秒)原田
▽第4試合=空中戦 レジェンドvs新世代 8人タッグ30分1本勝負
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門メキシコ)
グラン浜田(みちのくプロレス)
ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO)
VS 裕次郎(新日本プロレス)
アジアン・クーガー(大阪プロレス)
ザ・グレート・タケル(IWA JAPAN)
藤田峰雄(WMF)
◎サスケ(エビ固め、8分36秒)藤田 ※サンダーファイヤー・パワーボムからフォール
▽第5試合=バトラーツルールマッチ 30分1本勝負
原学(ビッグマウスラウド)
VS 澤宗紀(バトラーツ)
◎原学(KO、11分5秒)澤宗紀 ※ハイキックからフォール
▽第6試合=High&Low タッグマッチ30分1本勝負
高山善廣(フリー)
房総ボーイ雷斗(KAIENTAI-DOJO)
VS 石川修司(ユニオン)
野橋真実(みちのくプロレス)
◎高山(ジャーマン・スープレックス・ホールド、16分47秒)石川
▽第7試合=蛍光灯デスマッチ 6人タッグ30分1本勝負
伊東竜二(大日本プロレス)
“黒天使”沼澤邪鬼(大日本プロレス)
谷嵜なおき(自由)
VS 佐々木貴(アパッチプロレス軍)
宮本裕向(666)
稲松三郎(KAIENTAI-DOJO)
◎谷嵜(エビ固め、18分40秒)宮本 ※インプラントからフォール
▽第8試合=イケメンvsぶさいく 6人タッグ30分1本勝負
飯伏幸太(DDT)
円華(KAIENTAI-DOJO)
B×Bハルク(DRAGON GATE)
VS 高木三四郎(DDT)
ドン・フジイ(666)
アブドーラ・小林(DRAGON GATE)
◎飯伏(片エビ固め、15分36秒)高木 ※フェニックス・スプラッシュからフォール
▽第8試合=6人タッグ30分1本勝負
近藤修司(エルドラド)
佐々木義人(KAIENTAI-DOJO)
関本大介(大日本プロレス)
VS 黒田哲広(アパッチプロレス軍)
真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
HARASHIMA(DDT)
◎関本(ジャーマン・スープレックス・ホールド、23分40秒)黒田
▲ページトップへ
『プロレスサミット公式ブログ』オープン!
遂にブログが始まりました!→http://summit07.blog.players.tv/

登坂部長と296さんのコメントです!
▲ページトップへ
デスマッチ出場者二名からの熱いコメント!

今年は結果を残します!
デスマッチ、残り一組が決まる!

遂に注目のデスマッチが決定!TAKAからの重要な発表もあります。
▲ページトップへ
芸タッグランブル出場者コメント

優勝者は…ハワイ?選択権自由???
芸タッグランブル

一芸(←ここ重要)を持ったプロレスラー大集結!
▲ページトップへ
イケメンVSブサイク

果たして、どちらが本物のブサイクなのか?!
メインイベント-真霜&HARASHIMA

チャンピオンタッグ!今年も期待してます!
メインイベント-関本

近藤が手紙を…関本が今年も燃えてます。
各選手のコメント

それぞれの選手達の熱い想いを聞き逃すなよ!
▲ページトップへ
10月23日、今年の12月31日に開催が決定した「プロレスサミット in KORAKUEN 〜カウントダウンプロレス〜」の第一回記者会見が、コロッセオ(水道橋)にて行われた。
マッチメーカーのTAKAみちのくからは、決定した3カードが発表された。
各選手が熱い意気込みを語り、年末への期待を寄せた。

鈴木みのるvs原田大輔
ただのチャレンジマッチではなく未来を感じさせるカードを組んだとTAKAみちのくマッチメーカー。。

原田大輔が三冠王者鈴木みのるに挑む!
デスマッチ
カード発表の場に稲松三郎選手が乱入。去年怪我をして出れなかった悔しさをぶつけ出場を直訴。その結果出場権を獲得。去年の雪辱を晴らす!

稲松三郎の乱入?!今年のデスマッチも楽しみだ!
年越しバチバチ
コスチュームで会見に臨んだ澤選手。今年1年格闘探偵してきた結果を発揮し馬鹿騒ぎをしたいと語る。

イケメンを殴り倒したい!と意気込む澤選手。
最後のコメント
マッチメーカーTAKAみちのく、原田大輔、佐々木貴、澤宗紀、稲松三郎の各選手が「プロレスサミット in KORAKUEN 〜カウントダウンプロレス〜」への意気込みを語る!!

それぞれの選手達の熱い想いが伝わってきます!
▲ページトップへ