プロレスサミット in OSAKA


チケット情報
【料金】
指定席:6000円(当日:500円増し)
一般自由席:5000円(当日:500円増し)
中学生自由席:2000円
小学生自由席:500円
※当日、10:00より入場整理券を発行しております

【チケット発券所】
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード=809-041)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード=56329)
デルフィンアリーナ:06-6635-1100
バディスラム:06-6645-1378

【アクセス】
・地下鉄各線『動物園前』駅5番出口地上直結
・JR『新今宮』駅下車徒歩1分
・住所:大阪市浪速区恵美須東3-4-36フェスティバルゲート2F

【主催】
プロレスサミット実行委員会

【問合せ】
プロレスリングjp 045-313-4321


大阪大会のメインエベントは、昨年の大晦日、後楽園ホールを熱狂の渦に巻き込んだ、激闘のメインエベントの流れを汲む6人タッグマッチとなった。“JUST NOW”というテーマのもとに、参加団体の現在のエースが集結。真霜拳號、関本大介、タイガースマスク、GAINA、HARASHIMAは、いずれも団体のトップに立つチャンピオンで、エルドラドを主戦場にするフリーの谷嵜は、同団体の近未来のエースと目される存在だ。谷嵜は、大晦日決戦の試合中に右鎖骨を骨折し、完全に力を出し切れなかっただけに、自身にとっては“大晦日の清算”という意味合いもある。特に注目すべき点は、『サミット』という舞台でしのぎを削り合う、ライバルの関本と真霜が初合体を果たすことだ。2人のライバル・ストーリーは新展開を迎えることになるが、『サミット』をリードする存在となってきた2人に対し、他の4選手は「負けたくない!」という感情を露にする。特にタイガース、GAINAは地元・大阪での大会なだけに気合いの入り方が違う。それぞれの思いが交錯する中、主役の座を掴み取るのは、果たして誰だ!?
2007/06/20更新
HARASHIMA(DDT)

「何かが生まれそうで、非常に楽しみにしてる!」

タイガースマスク(大阪プロレス)

「大阪の熱さを見せつけてやる」

2007/06/13更新
真霜拳號(K-DOJO)

「関本とは組んでも面白いことができるはず」

谷嵜なおき(ソウルコネクション)

「自分には多くのテーマがある」

2007/06/06更新
関本大介(大日本プロレス)

「真霜とは戦っても組んでも競い合いたい」

GAINA(大阪プロレス)

「誰が一番強いかを見せつけてやる!」
▲ページトップへ