プロレスサミット in OSAKA


チケット情報
【料金】
指定席:6000円(当日:500円増し)
一般自由席:5000円(当日:500円増し)
中学生自由席:2000円
小学生自由席:500円
※当日、10:00より入場整理券を発行しております

【チケット発券所】
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード=809-041)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード=56329)
デルフィンアリーナ:06-6635-1100
バディスラム:06-6645-1378

【アクセス】
・地下鉄各線『動物園前』駅5番出口地上直結
・JR『新今宮』駅下車徒歩1分
・住所:大阪市浪速区恵美須東3-4-36フェスティバルゲート2F

【主催】
プロレスサミット実行委員会

【問合せ】
プロレスリングjp 045-313-4321


サミットの第一試合は、マッチメーカーのTAKAみちのくの意向により、若手選手によるタッグマッチが組まれ続けている。失敗を恐れず、若い時に大きな舞台を経験しておけば、あとあとで必ず自分にプラスになって返ってくるというTAKAなりの実体験が、そこには反映されている。もっとも、そのプラスの幅が大きいものになるか、小さなものになるかは、その後の本人の意識レベルによって異なってくるだろう。キャリアを考えれば、見る側が求めるのは技術ではない。いかに気持ちを見せつけることが出来るか! それが4選手に課せられたテーマになる。
2007/07/25更新
河野健一(WMF)
WMF代表として恥ずかしくない試合をしたいです。また第1試合らしく、気迫、元気を出して頑張るつもりです。自分の得意技は鎌固めなので、チャンスがあれば出したいです。立候補して第1試合に組み込んでもらったわけですから、いまの自分に出来ることすべて吐き出して目立ちたいと思っています!

「いまの自分に出来ることをすべて吐き出す」

矢野啓太(バトラーツ)
若手による第1試合ですから、経験の少ない選手たちになるので、みんなで声を出して元気を出してやらないといけない。アピールしたいポイントは、自分はバトラーツなので、バチバチファイトを見せ付けたいです。ただ、バチバチというと打撃がクローズアップされがちですが、石川さんが提唱する緻密なレスリングも見せたいですね。得意技は変形の大外刈りからの肩固めで、肩固めはオリジナルのラーションという名前になります。試合中にそれを出せる展開になれば出したいです。今回、大会マッチメーカーのTAKAみちのくさんに出場をお願いする形で第一試合の枠に入れていただいたわけですが、地元が大阪なので何としても出たいと思うと同時に、凄いチャンスだと思って自ら名乗り出ました。とにかく頑張ります!

「バチバチファイトを見せ付ける!」

2007/07/11更新
タダスケ(大阪プロレス)

「多団体の人に自分の力を試したい」

小部卓真(IWAジャパン)
IWAジャパンの代表に恥じないように、一番目目立ちたいと思います。自分は器用な選手ではないですので、とにかく気持ちで誰にも負けたくない。タッグマッチになりますが、河野さんはIWAジャパンに参戦したことがあるので知ってはいますが、誰とも試合で絡んだことはないです。得意技はドロップキックです。

「気持ちで誰にも負けたくない」

▲ページトップへ